小菅孝一級建築士事務所

F・L・ライト


近代建築の流れは新たな素材で可能となった空間をいかにアピールするかということだった。ミースもコルビジェも柱が無いんだぞ、壁が無いんだぞということを言いたくてたまらない建築なのに、ライトの建築は趣向が異なる。個人的にはタリアセンイーストや、日本に残る自由学園などが好きだ。無理をしなくても十分すばらしい建築なのだが、近代という時代を勝ち抜くために少し無理をしすぎた。落水荘にしてもジョンソンワックス本社にしても時代の先端を行くためにかなり無理をしていて、今となってはそれが痛々しい感じがする。近代というのはそういう時代だったのかも知れない。